FC2ブログ
生後6ヶ月でウエスト症候群と診断された息子プースケと、プースケ一家の日々の記録です。
プロフィール

プースケママ

Author:プースケママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

水曜日の通園は、歩行器に乗って館内を散歩しました





建物が古くて、床の汚れがすごい…プースケはまだ靴を持っていなかったので、療育センターにあったものをお借りしました。



でもこの紐靴は履きにくくて、大人3人がかりで履かせるのに10分くらいかかりましたどうしても靴の中で指が曲がってしまうし、甲高なのか?サイズは余裕があるのに足が入らなくて



でも履いてみると、似合ってました~靴を履いてるだけで、なんかしっかりして見えますね。





見えていたのか分からないけど、キョロキョロ周りを見ているような様子でした。やっぱりバギーで散歩するのとは目線が違うからかなぁ。でも押す方は中腰で押さなきゃいけないから腰が痛くて痛くて…(笑)



最後まで嫌がることなく歩行器で散歩が出来ましたー





この日は座位保持椅子とバギーの調整をしてもらって、家に持って帰ることが出来ました。本当はもうちょっとこうして欲しいんだけど…って所が数ヶ所あったのですが…。成長すれば気にならなくなるでしょうとか、とりあえず家で使ってみて悪ければまた調整してもらいましょうって言われて、いい加減家に持って帰りたいだろうからってことで持って帰ることに



なんだかなぁー。他のママさんも言ってたんですけど、完成チェックのあとの調整箇所が多すぎるんですよね他の業者がどうなのか分かりませんけど、仮合わせの時にもっとちゃんとやってれば、完成後にこんなに何度も何度も調整を繰り返さなくて済んだんじゃないかって思うんです。



ヘッドレストなんて完成チェック後に3回も削ってもらいました(この日もその場で削ってもらって持って帰ってきました)。完成チェックの時からだいぶ削られて、その度にヘッドレストのカバーの生地が余った部分を縫い合わせて、なんか縫い目がいっぱいあって見た目もよろしくありません。。



業者さんを決定したのは整形の先生です。プースケの療育センターには、今回作ってもらった地元の業者さんと、きさく工房の2つから選べます。でも、補装具を作りたいってことを整形の先生に言った時に、「業者はこっちで決めていいでしょ?訓練士と相談してプースケくんに合う方に決めておくから。」って言われて「はぁ…。」って感じで返事しちゃって、地元の業者さんに決められてました。



先日の歓迎遠足でお友達のきさく工房のバギーを見せてもらった時、なんかプースケのバギーより使いやすそうに見えちゃって…。「両方見てから決めたいです!」ってことをあのときはっきり言っておけばー…って今さらですが。。。いや、整形の先生には親に決定権を譲ってもらいたかったな。(愚痴ばっか言ってごめんなさい)



でも使用する上で特別問題があるわけじゃないし、何か気になる点があったら修正してくれるみたいだし、大切に使わせていただきます。



↓座位保持椅子。





↓バギーで初お出掛け。



「ふわぁ~



初お出掛けなのに、歩いてる時に前のタイヤのボルトがコロンって外れましたけど…



でも今までのお古のバギーより断然押しやすかったですちょっとした道の段差はそのまま乗り越えられるし。振動も少ないんじゃないかなぁ。今日はまだ平坦な道しか歩いてないので分かりませんけどね。





荷台も取りつけてもらってます。買い物かごは、この荷台の中には置けなかったけど、荷台の上に置いて買い物出来ましたちょっと不安定だから、買い物かごに重い商品を置く時は注意しなきゃいけないかもですが、使えそうです。



新しいバギーで早く色んなところにお出掛けしたいなぁ~



皆さんの税金から支給を受けて作らせてもらった補装具です。ありがたく使わせていただきます!





☆↓ポチッと応援して頂けると嬉しいです。☆

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
<< 小麦粉粘土で遊ばれる // ホーム // ブチギレ主治医&ラミクタール減量 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://pusukemama.blog.fc2.com/tb.php/209-217aa985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //