FC2ブログ
生後6ヶ月でウエスト症候群と診断された息子プースケと、プースケ一家の日々の記録です。
プロフィール

プースケママ

Author:プースケママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

2017年8月
積水ハウスの営業さんに前回伝えた内容を元に間取りなどを見せてもらいました。今回は営業Aさんと、その上司のKさん(前回のKさんとは別の人)で話をしました。

まだ土地が決まっていなかったので、今回は積水ハウスの分譲地のひとつを例として使い、私達の希望をもとに間取りを作ってもらいました。

間取りなんて初めて見ましたが、一気に現実味を帯びてきてなんだかワクワクしました。なんとなく自分たちの家の形が見えてきた気がしました。でもまだ土地が決まってないんですよね…。相変わらずネットで土地を毎日のように検索していましたが、やはりいい土地は見つかりません。中古物件でもパッとしません。

営業Aさんも土地探しをしてくれていましたが、どれも「う~ん…」というものばかりでした。営業さんならネットに載ってないような良い所を見つけてくれるかも!!と期待していましたが、Aさんが見つけてきた土地はどれも「あーこれネットで見たわ。。」というものばかりでした。希望の条件のうち何かを妥協しなければ、この地で土地は見つかりそうにありませんでした。

別に今住んでいる地域に一生住みたいって思いはありませんでしたが、プースケと一緒に暮らすことを思うと、住み慣れたこの地域の方が良いだろうと思ったのです。プースケと生活していくには、小児神経専門医のいる病院、療育センター、特別支援学校、デイサービスが近くにある所がいいなと思いました。病院・療育センター・特別支援学校くらいはネットで探すことができますが、プースケのような重度心身障害児が利用できるデイサービスがあるかどうかはネットで一つ一つ探すのが難しかったです。

障害児のデイサービスと言っても主に知的障害児を対象としているかもしれないし、プースケほどの重度の障害児が本当に利用できるかわからないし、利用枠に空きがあるかどうかもわかりませんしね。通園のお友達から聞いたのですが、最近出来たばかりのデイサービスを利用し始めたけど職員の対応が良くないらしく、もう他のところに変えたい…と思うような所もあるようなんです。そこを利用しているお友達は何人かいるのですが、全員から評判が悪いのでよっぽどなんでしょう。事前の口コミも大事ですよね。知らない地でそれらを探すことがとてつもなく面倒に思えてきたので、それならもう住み慣れた今の地域に住む方がいっか…となったのです。一応福祉は充実している地域ですし。

家族の中に障害者がいる、特に重度の障害児がいる場合は、住む地域によって家族の生活は大きく変わると思います。障害「児」の場合は、大人の場合と違って「子どもの面倒は親が見るべき」という考えが根本にあるようなんです。今住んでる地域でも、大人の障害者と比べると障害児の使えるサービスはあまり充実していません。まぁ親が子の面倒を見るのは当たり前かもしれませんが、子どもでも大変なことは大変ですよ。

我が家のように障害児のいる家族は、住めば都とはならないんだと思います。しっかり住む場所の福祉を知ってから家を建てたいと思っています。そうなるともう今住んでいる地域しかないんですよね。


ちょっと話がズレてしまいますが、以前通園で福祉の講座があって、その講座で話をしてくれた方に「朝、家から特別支援学校に送ってくれるサービスはないんですか?」と聞いてみましたが、それはないと言われました。

通院や買い物、どこかに遊びに行くなどが理由であれば、ホームヘルプサービスという在宅サービスが一応使えるようなんですが(でもそれも実際は大人の障害者でないと使いづらい状況のようです。)、それは通勤や通学には使ってはいけないことになっているんだそうです。理由は、通勤・通学に使うのを許可してしまうと利用者が殺到して行政のサービスが追いつかなくて破綻してしまうからだそうです。

親が妊娠・出産や病気になった場合などは期間限定で使えることもあるようですが、基本的には学校への送り迎えは毎日親がするものだそうです。もしくはスクールバスを使うかです。

なんでそんな質問をしたかというと、プースケがもしスクールバスに乗れなくて毎朝学校に送ることになった場合に、ハッチが小学校に上がるまでは保育園か幼稚園にどうやって行かせるかを考えていたんです。保育園なら今まで通り私が送り迎えすることになりますが、幼稚園ならせっかく幼稚園バスがあるので出来ればバスを利用したいなぁと思って。もし特別支援学校まで送迎のサービスがあったらハッチを幼稚園バスに乗せられるだろうから、便利だなぁと思って質問してみたんです。けどそんな便利なサービスはないということですね(^^;)



土地探しに苦戦していましたが、その中で一番希望に近かった土地が積水ハウスの分譲地でした。そこは出来たばかりの新興住宅地だったのでとってもきれいなのがいいなぁと思っていました。バス停も近いので、もしスクールバスが使える場合も大丈夫そうです(本当に使えるのかは微妙ですが(^^;))。ただ、そこの分譲地の一番のネックは中学校区の評判があまり良くないことでした。最近はその校区に新興住宅地ができて昔ほど荒れてないとも聞きますが。

実際にハッチが中学校に行く時にその学校が荒れてるかどうか未来のことなんて分かりませんが、できれば評判のいいところに…というのが希望でした。それでもそこの分譲地が今のところ一番の候補になっています。もしそこに決めるならハウスメーカーはもう積水ハウスで決定になります。ちなみにその分譲地は不動産の人からも「校区を妥協できるなら、ここはどう?」と勧められた(教えてもらっただけですが)土地なんです。やっぱりそこしかないのか…。

営業Kさんには「荒れてる学校でも、新興住宅地ができると新しい人達がやってきて落ち着いてくると言われてます。それに、私の知り合いの中学校の先生によると、荒れてる所よりも評判がいい学校の方がいじめは陰湿な傾向があると言っていました。」などと言われました。

そんなことを言われてもまだ決断できなかったので、私は引き続きネットで土地を探し続けて、Aさんも引き続き探してくれることになりました。でもそこの分譲地もだいぶ埋まってきていて、残りが数区画ほどしかなかったのであまり悠長にはしていられません。おそらく1年後にはすべて埋まっているでしょうと言われました。校区を諦めてそこに決めるか、もっといい土地が現れるのを待つか。他にいい土地が見つかればいいのですが…可能性はなくはないけど、低いでしょうと。


ちなみにその時作ってもらった間取りで家を建てるといくらになるか聞くと、予想よりも高くてびっくり!!予算を1000万円オーバーしていました。それに加えて外構費などもかかるので、うわぁ~って思ってしまいました。Kさんいわく、「この見積もりは必要なオプションはだいたい入れているので、削れるところは削って安くできます。これよりもめちゃくちゃ高くなるということはないと思いますが。」とは言っていましたが。苦笑いしかできませんでした。安くていい土地が見つかれば、家自体にお金をかけられるんですけどね~。

ただ、一般地で家を建てる場合は、下水やガスの配管?などを引き入れなければならない時はさらに費用がかかると言われました。あとは一般地の中には隣の家との境界が不明瞭な土地もあるらしく、その場合は境界線をはっきりさせるのに数十万かかることもあるんだとか!分譲地の場合はそれらが必要ないのでその心配はないと。「そうゆうことを考えると、分譲地って実はすごく安いんですよ。」って言われました。


次回はそこの分譲地のまだ空いている一区画を使ってまた間取りを考えてくれることになり、また一週間後に打ち合わせになりました。


私は大和ハウスやセキスイハイムとも話ができたらなぁと思っていたのですが、こう毎週毎週打ち合わせがあると他のハウスメーカーに行く暇がありません。。これも積水ハウス側の策略なのかな?と思いましたが、今のところ一番可能性がある土地が積水ハウスの分譲地なので、他のハウスメーカーに行く気も起こらず。大和とハイムの分譲地も調べましたが、条件に合いませんでした。もうこのまま積水ハウスでいいかなーと思えてきました。(これから家を建てる人は最初から一択に絞らず、数社と比較することをおすすめしますよ!)実際積水ハウスは話を聞けば聞くほどいいなぁと思えていたので。あとは土地の問題です。


この頃から私の頭の中は「土地土地土地土地…」と土地のことで頭がいっぱいになっていました。


家造りに関して分からないことは営業さんにどんどん質問したのですが、「鉄骨の家ならシロアリの被害はないですか?」と聞くと「そんなことはありません。鉄骨でも家の中の柱などには木が使われているので、そこが食べられることがあります。最近はコンクリートを食い破るシロアリもいるみたいですし…」って言ってました。コンクリートを食い破る!?どういうこっちゃ!!シロアリって怖いですね。家食い虫ですね。


私が土地の条件としていたことの中で、「近くに森や山などがないこと」がありました。今住んでいる賃貸のアパートは駐車場のすぐ裏が山みたいになっていて木や草や竹がたくさん生い茂っています。虫が半端なく出ます。ここに住み始めてから虫が嫌いになりました。

ここに引っ越して一週間もせずに、家の中にデカめのムカデが入ってきたときは、もうそれはそれは恐ろしかったです。夜に出たのですが、その日はパパがいなくて私とプースケの二人きりのときでした。なんとかやっつけましたが、また出るんじゃないかと心配で夜も眠れないし(寝れたんですけどね)、翌日からはスリッパや靴の中に潜んでるんじゃないかとか、食器や鍋や急須の中に潜んでたらどうしようとか、敷布団の裏にいるんじゃ…とかとか、家の中のいろんな所で出るんじゃないかと恐怖でした。今すぐ引っ越したい!って思いました(T_T)

今はムカデコロリだったかな?なんか玄関やベランダにスプレーしているのですが、梅雨の時期から夏場にかけては朝玄関を開けると色んな虫がわんさか死んでいます。。。もちろんムカデも。

スプレーしてなかったらこれらの虫が家の中に入ってきてたのかと思うとゾッとします。ムカデ以外にも、ヤスデというこれまた気色悪い虫も出ます。なんか大量発生してるみたいで、夏場はえげつないほどのヤスデが玄関前で死んでるんです((((;゚Д゚)))))))スプレーしてても他の場所から入ってきて家の中でも何度も始末しました。

スプレーはよく効くんですが、玄関前は真っ白になってます。見た目はすごく悪いですね。でもこれをしてないと今のこの部屋では生きていけません。


これ以前書いたかもしれませんが、以前お風呂上がりに裸のままお風呂のドアのレールを掃除してたんです。そしたらドアのレールからヤスデが一匹這い出てきたんですよΣ(゚д゚|||)もうあの時の恐怖ったら!まだ出てくるんじゃないかと怖くて怖くてたまりませんでした((((;゚Д゚)))))))

裸で虫に遭遇するのって、服着てるときの10倍くらい怖いんですよ!!急いで玄関にあるスプレー(殺虫成分が入ってない-85度とかいう冷却スプレーみたいなやつ)を持ってきて始末しました。あれ以来裸で掃除するのは絶対にやめようと思いました。あ、私は裸族ではありませんよ。普段はちゃんと服着て掃除しますよ。あの時はたまたま、本当にたまたまお風呂上がりに「ドアのところが汚いなー」と思ってそのまま掃除してただけですが、ひどい目に会いました。

あとは、朝ハッチやプースケを車に乗せる時によく車に蚊が入ってきたりとか。もう虫が多いところは懲り懲りです。一生住む家ならば近くに木や草が生い茂ってるところはゴメンです。ゴキブリくらいなら平気なんですけどね。意外かもしれませんが今住んでるところはゴキブリは全然出ませんね。


私達が探してる土地は希望条件が多すぎるのかもしれませんが、私にとってはどれも外せない条件でした。何千万も払って後悔はしたくありません。



にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
住宅展示場へ行った時の記録です。


2017年8月

この日は2回目の積水ハウスに行きました。以前3月に初めて住宅展示場へ行ったときに私が一番好印象だったのが積水ハウスだったのです。それ以外には大和ハウスとセキスイハイムも候補に入れていました。

あれから一時期夢のマイホームへの熱が冷めかけていましたが、6月頃から再びメラメラとマイホーム熱が上がってきていました。前回のモデルハウス巡りで、土地が決まらなければ何も始まらないということがわかったので、ネットで土地探しをしていました。

私が土地の条件としたのは、
・かかりつけ医から近い
・K病院やSクラブから遠くない
・比較的きれいな新興住宅地
・バス停から徒歩2分以内、もしくは特別支援学校から近い所
・坂道はNG
・校区(←ハッチが行く予定の)の評判が悪くない
・できれば近くに公園がある

などなどですね。これが全部ではないですが(^^;)たぶん条件は多い方だと思います。主にプースケに関することが。
幸いなことに今住んでいる場所はかかりつけ医・Sクラブ・K病院に車で20分以内で、療育センターとハッチの保育園は車で10分のところです。役所へも近いです。とても便利な場所だと思います。今の恵まれた生活に慣れてしまっているので、今からここよりも不便な場所に移るのはちょっと…ですね(^^;)



バス停に近いところを希望した理由は、再来年度プースケが特別支援学校に入学予定なので、スクールバスに乗りやすいようにです。家からバス停までバギーを押して歩くので、雨の日や風の日、夏の暑い日、冬の寒い日のことを考えるとバス停まで徒歩2分以内がいいんじゃないかと考えました。バギー押しながら傘をさすの難しいから徒歩2分でも実際は厳しいかもしれませんが…。坂道じゃない所を希望した理由もバギーを押すのが大変になるからです。

でも特別支援学校から近ければ、バスに乗らずに私が送り迎えした方が早いと思うので、その場合はバス停は関係ないと考えました。

ちなみにですが、てんかんがあって医療行為のあるプースケが果たしてバスに乗れるのか?という疑問についてです。これは、特別支援学校のホームページに載っていたアドレスに質問のメールを送ってみたら、教頭先生がご丁寧に返信してくださいました。

教頭先生によると、プースケが通う予定の特別支援学校は今年度から医療行為のある子たちもバスに乗れるように利用範囲を拡大しているそうです。でもバスの中には看護師がいないので、バス内で注入や吸引などはできません。バスの中で実際に医療行為が必要なければ乗れるものと思われます、とのことです。スクールバスの乗車の可否は、最終的には主治医及び指導医(学校が委託してる病院の医師のことと思います)の判断をもとに学校長が判断することになっているそうです。

乗れるかどうかまだはっきりわかりませんが、最近プースケはゴロゴロが落ち着いてきて吸引なしで過ごせているので(8月時点で)、今のままなら大丈夫なのかな?と勝手に考えています。体調が悪い日は無理でしょうけど。駄目なら駄目で送り迎えするしかありませんが、毎日のことなので出来ればバスに乗って行ってもらいたいですね。なのでバスで通学できるという希望を込めて、バス停に近いところで土地探しをしています。

プースケの担当のPTさんに聞いた話では、多くの人はバス停まで行くのが大変だから親が送り迎えしてるみたいよ~って言ってました。まぁバス停までが近かろうと遠かろうと、結局そうなるのかもしれませんね。バスが来る10分位前にバス停で待機して、それから子どもをバスに乗せて自分だけ家に戻る…。バスが来る時間によっては自分で直接送迎した方が楽かもしれません。でも利用する可能性もあると思って、やはりバス停の近くは条件に入れてます。

あとはきれいな新興住宅地であることも条件に入れています。見た目の問題もありますが、周囲に古い家が多い場合は自分や子どもたちと同年代の子がいなかったり、古くからある町内会は面倒な行事が多そうな気がしたので避けたかったんです。

これはママ友に聞いた話なんですが、周りに高齢者が多く住んでいる地域に家を建てて、引っ越してから町内会の役員の順番が回ってきて、役員になってすぐに同じ町内会の高齢者が立て続けに亡くなって、葬式の準備?やらなんやらですごく忙しかったと言っていました。そして役員は大晦日~元旦まで近くにある神社に寝泊まりして、神社で一晩火を絶やさないようにしないといけないとか言うめちゃくちゃ面倒くさい仕事があるとか…。無理無理ヽ( ̄д ̄;)ノ

なのでそういう面倒な行事がないできるだけ新しい住宅地がいいなぁと考えていました。


しかし、不動産サイトで色々条件を変えながら探しましたが、コレ!という土地は見つからず。良さそうな所はだいたい建築条件付きで、希望するハウスメーカーの土地ではありませんでした。

中古の物件を買って建て替えるってのもアリだなと思い、中古物件も漁ってみましたが、やはり希望通りの場所は見つかりませんでした。希望とは違うけどちょっとだけ気になった所をいくつか資料請求すると、何社もの不動産から次々に電話がかかってきました。電話で不動産の人に直接希望条件を伝えましたが、不動産の人が勧めてくる土地や中古物件はあまりパッとしないものばかりでした。しばらくすると不動産からの電話はかかってこなくなりました。


その後もしばらくネットで土地探しをしたり、ポストに入ってくるチラシの不動産情報を見てましたが、やはりどれもピンときませんでした。

チラシの中に、大手ハウスメーカー数社が買い取っている開発中の土地があって、「いいかも!」と思ったのですが、実際車を走らせて行ってみると想像と違っていて、坂道だし、途中の道は細いし、バス停までもすんごく遠くて、こりゃダメだと思い諦めました。

ハッチの将来を考えるとできるだけ校区の評判が良いところが希望でしたが、この地域で人気の校区とプースケの特別支援学校とがちょっと距離があって、悩ましいところでした。特別支援学校では医療行為がある子(そうじゃない子も全員かも?)は最初の1ヶ月くらいは毎日親の付き添いが必要とかいう話も先輩ママから聞いていたので、あんまり特別支援学校から遠すぎるところだとちょっと困るなぁと思いました。急に呼び出しがかかることもあるかもしれないし。


私の大学の時の同級生たちは次々に家を建てたり購入したりしていて、他の人は私達より選択肢が広いだろうからいいよなぁと思いました。健常児なら普通の学校は評判が良いところを選べますけど、特別支援学校なんて選べるほど数がありません。

ずーっと探しているうちに、「プースケに障害さえなければもっと簡単に土地が見つかったはずなのに…」という気持ちも出てきました。そんなことを思ってもどうにもならないんですけどね。家族に障害者がいるって、人生のあらゆる場面で何かに阻まれるんだなと思いました。希望の場所に家建てられるのかな…と気持ちが曇っていきました。

でもネットに載っている情報というのはほんの一部だけで、本当にいい土地などは不動産が隠し持っているようなんです。しかし不動産に行ってあれこれ話を聞いて実際の場所に行って…とかするような時間はありませんでした。ハッチとプースケは相変わらず交互に風邪をひくので私もそんなに暇じゃありません。


もうネットでは限界があると感じて、以前住宅展示場で気になったハウスメーカーの営業さんに土地を相談してみようと思いました。だいたい自分たちの希望の家を建てるのに何坪の土地が必要かさえあいまいな状態だったのでね。そして、一番気になっていた積水ハウスに行ってきました。

積水ハウスは以前見に行ったときに営業の方がいませんでした。営業補佐の方が案内してくれたので、まだ我が家の担当の営業さんは決まっていませんでした。なのでこの時が営業さんとの初対面でした。

前回は夫婦二人で行ったのですが、今回は家族4人で行ってきました。プースケはバギーのまま、タイヤを拭いてモデルハウスの中に入らせてもらえました。ハッチは大きなソファが気に入ったようで登ったり降りたりしていました。

私達を迎えてくれた営業さんはAさんという若い男性でした。少し話してるうちに「あっ、このひと新人だな。」ってわかりました。以前も見ましたが、5ヶ月ぶりだったのでもう一度家の中を1階だけサラッと見させてもらいました。やっぱり素敵な家だなって思いました。モデルハウスはどこも立派な家でしたが、そこの住宅展示場で見た中では積水ハウスの造りが一番私好みでした。


1階を見終わって土地の話に入ろうとすると、Aさんは「僕ではまだ知識不足なので、上司を呼んできます!」といって、上司のKさんを呼んで来ました。

Kさんは話を始める前にAさんに「じゃあ今からしっかりメモ取れよ!」と言っていて、そこからはKさんがずーっと私達に話しかけてくれました。Aさんはずっと黙々とメモを取っていたので、本当の本当にピカピカの新人なんだな~と思いました。別に新人だから嫌とかはありません。誰だって入社しても初めは何をどうするかわからないですし、私もパパも新人時代があって上司に色々教わりながら働き始めたんですもんね。新人だからという理由でその人を否定してはいけませんね。まぁ頼りない部分はありますけど。大事なのは人柄とか態度とか仕事への姿勢だと思っています。

案内されてすぐにアンケートにも書いたんですが、Kさんはもう一度私達の家族構成、予算、希望の土地の条件などを詳しく聞いてきました。私はノートに希望の土地の条件と、建てる家の希望を書いてきていたので、それをコピーしてもらいました。これから家を建てたいと考えてる人は、土地の条件や間取りの希望がある場合は、その場で全て伝えようと思っても伝え忘れる場合があると思うので、ちゃんと事前にメモしていくと良いと思います。

Kさんから色々聞かれましたが「積水ハウスについてのイメージはいかがですか?」とも聞かれました。私は「アフターサービスがしっかりしてるイメージ。でも価格が高そう。最大手だと聞くけど自分の周りに積水ハウスで建てた人が誰もいない。」って感じのことを答えました。

アフターがしっかりしてるのは事実です!ってKさんも自信を持って言ってました。まぁどこのハウスメーカーの営業さんもそう言うんでしょうね(笑)でも私は積水ハウスのアフターサービスには好印象を持っています。以前モデルハウスを何社か回ったときにアフターサービスのことを説明してくれたのは、積水ハウスの営業補佐さんだけでした。あとは、ネットでのアフターサービスの評判も良かったからです。まぁネットには悪い口コミも山ほどありますが(笑)

あとは価格が高いイメージについては、安くはないのは事実のようですね。ただし、最初に安く建てられる家というのは、メンテナンスだったり補修が必要になってのちのち高いお金をかけていかなくてはならないんだとか。積水ハウスでは最初に家を建てる時の金額は高いかもしれないけど、その後のメンテナンスでは費用が安く済んでいますと、他のハウスメーカーと比較されたグラフの載った資料を見せてくれながら説明してくれました。要は最初にお金をかけずにあとでお金をかけるか、最初にお金をかけておくかの違いです、と言ってました。

パパが「もし転勤で引っ越すことになって家を売ることになったら、その価格は他のハウスメーカーと比べてどうなんですか?」と質問してました。Kさんは「他のメーカーの家より高く売れます。積水ハウスには積和不動産というのがあるから会社全体が~なんちゃらかんちゃら(詳しくは忘れました)…なのでご安心ください。」と言ってました。とにかく積水ハウスで建てた家は売却することになっても高く売れるんだと、自信を持っていっていました。ふむふむ。

積水ハウスの住宅にはこれといった特徴はありませんが(例えば一条工務店は高気密・高断熱、セキスイハイムは快適エアリーみたいな)、その代わりやろうと思えば何でもできることが注文住宅としてのいいところだと思います。たぶん何か一つにすっごくこだわった家を建てたい人には向いてなくて、とりあえず自分たちの希望がなんでも取り入れられる家が建てたいって人に向いているんだと思います。


私たちはプースケのお世話をしやすい家にしたいので、一階に主な生活空間が必要です。二階は趣味の楽器が演奏できる防音の音楽室や将来のハッチの一人部屋などを考えています。プースケのために玄関やLDK、脱衣所、浴室などを広めに取りたいのと、今はまだ使ってませんが、車のスロープの出し入れ等を考えると、普通の家よりもかなり広い土地が必要になるんじゃないかと気になっていました。でもKさんは、具体的に何坪以上の土地が必要とは言いませんでしたが、「今話を聞いた感じだと、そんなに極端に広くないといけないわけじゃなさそうですよ」と言っていました。そうだといいんですが。

積水ハウスについては私は特に不満はありませんが、土地がなければ契約できないので、良い土地をなんとか探してくださいとお願いしておきました。やはりネットに出回っている不動産情報は、売れ残りだから良いものは載ってないんだそうです。土地探しは、Kさんが新人のAさんに「土地を探して、いいところがあったら情報メールしといてな!」と任されていました。

我が家の担当の営業はAさんになりましたが(最初に接客した人が担当になるらしい)、Aさんには必ず上司がつくので安心してくださいとも言われました。新人のAさんには店長クラスの上司がつくのだそうです。名刺を見ると、Kさんは店長代理でした。

Kさんはこの仕事は17年目だと言っていました。ハキハキされた方で、頼りがいがありそうな人でした。たぶんやり手営業マンだろうな~と思いましたね、うん。Kさんは5cm以上ありそうな分厚い資料を持っていましたが、私やパパが何か質問すると、一発でその資料の必要なページを開けるんです。「17年もやってると一発で開けちゃうんですよ(笑)」って言っておりました。さすがです。

Kさんみたいな人が上についていれば、新人Aさんでも大丈夫だろうなと感じられました。


2時間以上話していたので全ての内容は覚えてないし書ききれませんが、一週間後には家の間取りや(まだ土地が決まってないので仮の間取り)、簡単な見積もり、どのくらいの土地の面積が必要か、などが分かるということで翌週にもう一度来ることになりました。

なんだか、契約したわけでもないのにすっごい話が進んでいってるな~って感じました。ちょっと営業さんたちの話術にノセられてしまったかもしれません。でも積水ハウスは最有力候補だったのでこの2時間は飽きることなく興味を持って話を聞くことができました。

話を聞いて、積水ハウスのことをますますいいな~と思いましたが、最初から一社で絞るのはどうなんだろう…価格競争させた方が安くなるという話をネットで見たしなーと思い、最低でももう一社今度話しを聞きに行って比較ができたらいいなと思いました。


にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

// ホーム //