FC2ブログ
生後6ヶ月でウエスト症候群と診断された息子プースケと、プースケ一家の日々の記録です。
プロフィール

プースケママ

Author:プースケママ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

今日のことです。



プースケママは友人の結婚式のため、電車で式場まで行っていました。結婚式の参列ってなかなか慣れなくて、緊張で前日の夜からお腹をくだしていて、体調絶不調でした電車の中でもお腹が痛くなって、「あ゛~トイレ~」と思い、必死に耐えていました(笑)汚い話で失礼。看護師やってるとこういう話を平気で出来るようになるからいけませんね



式場まではパーティードレス(膝上丈)の上にコートを羽織ってバッグを持って行きました。電車の中はチラホラ席が空いていましたが、私はドアのすぐそばで立っていました。タバコ臭のする人がいたのと電車の揺れで軽く乗り物酔いしてしまい、壁にもたれるようにして立っていました。



途中の駅で私の前に女性がやってきて、次の駅で降りようとしていました。(女性の服装は覚えていません。)その女性のすぐ後ろにサラリーマンっぽい男性がやってきました。男性はそれまで席に座っていたのに、その女性の後ろに並んだので、次で降りようとしているようでした。



車内は全然混雑していなかったのに、その男性は女性のすぐ後ろに立っていて、女性は1度だけ振り返って男性をチラッと見ていました。たまに人との距離感が近すぎる人っているから、その男性もそうなのかなって思って私は特に気にしていませんでした。気分が悪くて気にする余裕がありませんでした。



女性は次に止まった駅で降りて行き、私はその男性も降りるのかと思いましたが男性は降りませんでした。そして、今度はその男性は私のすぐそばにやってきました。周りには人がいなかったのに、電車の揺れで服が接するほどの距離です。「おいおい近いだろ…」と思いましたが、あと2つ先の駅で私は降りる予定だったし気分が悪くて別の場所に移ったりはしませんでした。



私はドアの横の壁の所にいたのですが、次に降りるために立っているとしても男性はドアの正面ではなくて私の真横に立っていて、今思えば不自然でした…。



私はうつむいていたので、男性がパンパンに荷物が入ったようなカバンを持っているのだけが見えました。そして、次の駅に着いた時、男性は降りて行ったのですが、ずいぶん前から席から立っていた割には急ぐ様子もなく、ものすごく不自然にゆっくりと体(というか持っていたカバンかな)を私に擦りつけるようにして降りて行ったのです。



なんなんだ?と思い、もしかして今何かを塗りつけられたのか?と思って自分の服を見ましたが何も付いてなくて、なんだったんだろーなー?と思っただけでした。(←気付くべきだったな~。私鈍感ですね。。。)

私と反対側の壁に立っていた男性も、その男性のあやしい動きをじっと見ていたので、周りから見てもおかしかったんだと思います。。





そして無事に式場に着いて即効でトイレに駆け込み(笑)、友達と久々におしゃべりて披露宴を終えて、また電車を使って帰ってきました。



家に帰ってしばらくしてからその男性のことを思い出し、プースケパパにこんな人がいたんだよね~と話したら、プースケパパに「それ盗撮じゃない?カバンにカメラ入ってたんじゃない?」と言われ…。ハっとしました



プースケママ「あぁ!!そうじゃん!それじゃん!たぶん盗撮じゃん!!!なんかね、カバンを私に擦りつけてきたんよ!!パンツの中撮られた!!!」



プースケパパ「スカートの中でしょ。明らかに盗撮だね。」



ですって。。。うん、明らかでした。。。証拠はないけど。



そうか、あぁやって盗撮してるのね。撮られたショックとか怒りとか悔しさは特になくて、自分の鈍感さに衝撃を受けました(笑)でも私ワンピースの上にコート羽織ってたし、たぶんスカートの中は写ってないと思うんですけどね。でもこれを教訓に今後気をつけなければならないと思ったのでした。





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村









続きを読む
スポンサーサイト


「やぁパパ!」





首がしっかりしてきたので(といってもまだグラグラですが)、首の支えなしでこんな風に向かい合うことが出来るようになりました。



最近は甘えんぼさんで、抱っこをやめると泣き顔になります。でももう12kgですからね…かなりきついんですよプースケを抱っこして座っていると、重みで足が痺れてきます抱っこした感じも、デカくなったなぁ~と感じます。



もう赤ちゃんじゃないけれど、抱っこを求めてくるし、動けないから体を抱えないといけません。だいたい何kgくらいまで抱えられるんだろう。3歳とか5歳になっても「抱っこ抱っこ~」と泣かれるのかなぁ



いつまでも抱っこしてあげたいし、プースケはお風呂好きだから毎日お風呂も入れてあげたい。ずっと自分たちの手で、手をかけてお世話してあげたい。でもどんどん大きくなっていくプースケに、プースケママはいつまで体力が持つか心配ですプースケを育てることは育児であって介護でもあり、体力勝負です(「介護」と考えるとなんとなく疲れる気がするので、「育児」と考えたいですが)。ボディメカニクスを駆使して頑張らねば…。



いずれは、ヘルパーやショートステイや入浴サービスなどの福祉サービスを利用させてもらわなければならなくなると思います。そういうのあまり調べたことがないので、どういうサービスを利用できるのか詳しくは分からないのですが。



抱っこできるのは今のうちだから、いっぱい抱っこしてあげよう。





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
PTに行ってきました。



プースケは昨日の夜、夜中の1時半すぎまで起きていて(私の方が先に寝てしまったので何時まで起きていたか不明)、朝は私が5時半に起きた時には既に目覚めていました。あまり眠れなかったのでしょう、朝ミルクを飲んだあとウトウトし始めました。



でも今日は午前中PTだったので、プースケを起こして朝ごはんを食べさせ、療育センターに向かいました。普段は行きの車の中では起きているのですが、今日はスヤスヤ眠っていましたおかげでリハ中はちゃんと起きていてくれました。あくびは連発していましたけどね。



PTさんに、プースケの股関節が閉じにくくなっていて硬くなっているのではないかということと、よく体が左に傾いているので、背骨が曲がっているのではないかということが気になっていたので尋ねてみました。



股関節は角度を測ってもらって、マイナス10度で昨年の5月から変化なしでした。角度は変わっていないけど、足をいつもガニ股に開いていて、それを閉じようとすると抵抗する力が以前より強いようだ、と言われました。硬く感じるのはそのせいだそうです。抗てんかん薬を飲んでいる間は筋緊張が低くなるようですが、最近マイスタンを中止してから覚醒が良くなって元気になってきていて、今まで低かった筋緊張がなくなってきているのかも、とのことです。



股関節が硬くなったわけではなかったので良かったですが、やはり体をほぐしたりストレッチは必要ですね



体が曲がっているのでは…という件は、「プースケ君はそんなに反り返りが強くないし、あまり側弯になりそうにはありませんけどねぇ」と言われました。しかし、プースケをうつ伏せにして背骨を触ってみてもらうと、「う~ん確かになだらかに曲がっているかも…」と言われてしまいましたあぁ~やっぱり曲がっていたか。。。今度整形を受診した時に股関節のレントゲンを撮る予定だったので、一緒に脊柱も撮って角度を測ってもらうことになりました。



ううぅ、側弯ってショックだな~斜視もそうだけど(プースケは外斜視です)、見た目に現れる体の変形ってあまり起こってほしくないです。。。発作の影響もあるかもしれないけど、これ以上ひどくならないように気を付けなくちゃな。。。



リハを終えたプースケは帰りの車内でぐっすり寝て、家に着いてからも2時間半も寝て、その後ご飯を食べてまた寝ていました。昼夜逆転しないでちょうだいよ~











↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
時々思うんです。

もういっそ、他人の目を気にしなくて済む、誰とも連絡が取れない、どこか遠くに行きたい。



健常者とか障がい者とか、そんな言葉すら存在しない誰もいない島に行って、家族3人で暮らせないかなって。スマホもパソコンもテレビも何もいらない。毎日狩りをして、食料と寝床さえあればそれでいい。



あ、やっぱプースケの薬も。月に一回誰かが船で薬を1ヶ月分運んでくれればいい。



誰もいなくなって誰からも見られなくなれば、人の視線を感じることもない。堂々と生きられる気がします。無人島に行けば悩みなんてなくなると思う。



そんな生活が送れないかなぁ~。





きっと私やプースケがサバンナに生息するシマウマだったら、プースケのようなシマウマの赤ちゃんはきっとすぐにライオンやハイエナの餌食になってしまうんだろうな…。弱肉強食の社会では障がいのあるプースケは生きていけないと思います。それでもプースケや私たち親は人間社会で生きていかなければならない。現実逃避もしたくなりますよ。







↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
昨日、15時頃誰かが玄関のカギを開けて部屋に入って来る音がして、一瞬「どっ、泥棒」と思ったら、プースケパパでした前日の23時半頃帰ってきて、夜中の3時に職場から電話がかかって呼び出されて、その後ずーーーーっと働いていたそうで、早めに帰らせてくれたんだそうです。あーびっくりした思わず武器になりそうなものがないか探してしまったよ





月曜日にかかりつけ医を受診してきました。



プースケの発作は少なくなってきたかと思ったら突然増えて、波があります。受診の前日まで発作は少なかったのに、受診日になると朝から発作が頻発してしまいました。でも、診察中にも3回ほど発作が起きて、初めて主治医に発作を見てもらうことが出来ました。



薬は、ラミクタールを引き続き増量してもらいました。心配していた皮膚のブツブツはだんだん良くなってきていて、薬疹ではありませんでした。しかし、皮膚が荒れやすくなった感じがします。



発作はそれから多いままですが、ここ1ヶ月くらいでプースケは首がしっかりしてきました。以前は首が前にガクッと倒れることが多かったですが、最近は倒れなくなってきました





これ、首は一切支えてないんです



今までは調子がいい時だけ首を支えることが出来ていたのですが、今はそれが調子がいい時だけじゃなくて普通に出来るようになった感じです。このまま首が据わってくれるといいなー



発作が多いのは、ひょっとして脳が発達してるからなのかなー?そうだとしたら、発作のやつめ、プースケの発達をこれ以上邪魔するんじゃないよっ引っこんでなさい



発作が多いけどプースケママの気分がそこまで落ち込んでないのは、プースケがよく笑うし首がしっかりしてきたからです。





そして、遺伝子検査の方はというと、現在採血の日程を調整中です。月曜の朝じゃないといけないそうで…。平日はパパが忙しいんだよね~。今日主治医から電話がかかって来るはずだったのに、結局かかってきませんでした



そうそう、プースケパパの辞令が正式なものとなったそうです。異動決定!前の職場に戻ることになりました。ちなみにプースケのかかりつけの大学病院です。4月からもまた忙しくなりそうです。





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
今日買い物に車で出掛けていたらですねぇ、後部座席のベビーシートに乗ったプースケが「う゛ううう~ぅぅぅぅぅん」と踏ん張りだしたんですよ。。



あらららら、ウンチですか。。。とすぐ分かったんですが、近所のディスカウントストアでチョロっと買い物するだけだったのでオムツを持って来てなくて、どうしよっかな~まぁ帰ってからオムツ換えればいっか!と思ってそのまま運転していたら、「うぅぅぅぅ~ん、うぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~ん」とあんまり言うもんで…。





こりゃ大量の予感…。。。あ~どうしよう。買い物すぐ終わるんだけどな…。と、なおも迷っていたんです。(←さっさと換えてやれよって感じですよね)



しかし車内にプ~~~ンと臭いがしてきたものだから、せっかくお店に着いたけどそのまま家に引き返してきました



で、家に帰ってオムツを換えようと開けてみると、梅干しの種くらいのちっちゃいのがコロンッ。



あんなに踏ん張って、たったこれだけ??(笑)



トイレの洗浄剤を買うだけだったのに!!もう面倒臭いから今日は買い物行くのやめました!笑





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
プースケパパの職場の仮辞令が出たそうです。



以前から、来年度は4月か10月に異動があることは分かっていたましたが、仮辞令では4月から異動になっていました。まだ「仮」の段階ですけど!正式な辞令は今月末か来月あたりに出ると思います。



この異動に関しては引っ越しは必要ないので、我が家にとってはそんなにおおごとではありません保険証が切り替わるくらいかな?



車買っちゃったし、新しい職場でもバリバリ働いてもらわなくては!!(笑)



保険証と言えば、プースケが生まれてから保険証のことで面倒臭いことが起きたっけ…。プースケは2013年3月8日生まれなのですが、プースケママは2013年3月31日付で職場を退職することになっていました。そして、プースケパパは2013年4月から職場が変わることになっていました(現在の職場へ)。



プースケが生まれた日~2013年3月31日までの期間は、プースケの保険はプースケママの扶養に入れました。そして3月31日で退職だったので、4月1日からはプースケもプースケママも、プースケパパの扶養に入ることになりました。しかしそのタイミングで転勤だったので、なんかもうよく分からないくらいごちゃごちゃしました



私はプースケを出産した産婦人科医院を退院したその日に職場に行って必要な手続きをしたのですが、保険証が届かないまま退職日を迎えました。結局届かずじまいでしたが、あとから必要になったりたまたま色んな手続きが集中しただけなんですが、3月生まれって大変だな~って思いました



前回の異動は、職場が家から近かったので引っ越しせずに済みましたが、引っ越しが必要だったら滅茶苦茶大変だったんだろうな。



今回も面倒な手続きはない予定ですが、早く異動も引っ越しもない人生を送りたいなー





最近作ったお菓子



アップルパイ。卵をケチって仕上げの卵黄を塗らなかったので、艶がない…





ガトーショコラ。こちらは良く出来ました~ウマウマでした









↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
プースケ、最近体重が12kg近くになって、プースケママの体に容赦なく負担がかかっているようです



今まで肩こりや首こり、腰痛などをほとんど経験したことが無いプースケママですが、先日背中(?腰?)が痛くなりました立っていても座っていても寝ても背中がだるくて、結局横を向いて座椅子で寝転んでいるのが一番楽で、しばらく休んでいたら、幸い数時間で良くなりました。腰痛で辛い思いをしている人の気持ちが少し分かった気がします。。





また別の日にはPCを打っていると急にひどい目眩に襲われて、気分が悪くなってそのまま横になっていましたが、吐き気が我慢できずにトイレへ…。自分がユラユラ揺れてる感じがして横になりたかったけど、プースケが空腹でグズグズだったので、フラフラしながらご飯を食べさせ、その後1時間ほど横になっていたら良くなりました。その後は何ともありません。



原因は分かりませんが…ストレス?自覚はありませんけど。身体的にだけじゃなく精神的にも負担になってるのかなー?自分では自覚してなくても疲労が蓄積しているのかもしれませんね!たかがストレス、されどストレス



プースケは今日も朝からカツ丼(昨日の残り)をモリモリ食べて、どんどん大きくなっております今の状態で弱音を吐いていられないので、私も体を鍛えないといけないかな!!?って言って何にもしませんけどね





さてさて今日は福祉車両についてもう一度話を聞きに、ウェルキャブプラザへ行ってきました。(ウェルキャブ=トヨタの福祉車両のことです。)



今プースケママが乗っている車は父のもので、車を買ったら父に返す予定でしたが、ありがたいことに父から「もう乗らないから下取りに出していいよ」と言われました。前回ウェルキャブプラザへ行った時は下取りなしで見積もりを出してもらっていたので、今回は下取りをお願いして見積もりを出してもらいました。



父から「古いしあまり大した金額にはならないだろう」と言われていたのですが、予想以上に高い金額で下取りしてもらえたのでプースケパパと「おぉーこんなにですか」と喜びました(笑)



新車はVOXYかNOAHで迷っていて、どちらかというとNOAHかなぁと思っていましたが、うちから近いウェルキャブプラザがネッツのお店で、NOAHを取り扱っておらず(NOAHはカローラ)、近くにカローラのウェルキャブプラザが無いので、もし故障した時や定期点検などの時、今日行ったネッツのウェルキャブプラザに一度持って行き、その後工場に持っていくことになるので、車が帰ってくるまでに数日かかることになると聞き、そういうことなら…とVOXYに決めました。



特殊車両なので修理や点検などはその車種を取り扱っているウェルキャブ専門店でないと出来ないようで、数日預けるとなるとその間代車を借りることになりますが、同じ車種の代車が必ずあるとも限りませんしね…。まぁしばらくは転勤続きなので今の場所に住み続けるわけではありませんが、とりあえず家の近くにあるウェルキャブプラザはネッツしかなかったので、今回迷わずVOXYにしました。



下取りが思いのほか良かったので安心したところでしたが、お店の方に「今日は下取り価格を頑張らせて頂きましたが、もし後日となるとここまで高い価格で買い取れないと思います!!ぜひ今日契約していただけると嬉しいです!!」と言われ、正直今日はまだ契約するつもりではありませんでしたが、なんか流れで契約してしまいました(笑)あっ、全然後悔はしていませんよ納得して買うことが出来たと思っています



納車は4月くらい、早くて3月末頃になるそうなので、その前に一度試乗をさせてもらおうと思っています。



私たちの接客をしてくれたトヨタのスタッフの方は、ヘルパーの資格を持っていて、プースケが通っている療育センターにもよく仕事で行くのだそうです。福祉車両のことをあまり分かっていなかった私たちにとても親切に対応してくださって、店長さんに掛けあって値段も頑張って下さって、本当に感謝していますありがとうございました



店長さんが風船をくれました







今乗っている車よりはるかに大きい車なので、ぶつけたり擦ったりが心配ですが、、、納車楽しみにしています





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
ただの愚痴です。

ひとつ前の記事で書いた、プースケママの生命保険の担当の女の人のことです。その女の人を「M」さんと呼ぶことにします。生命保険会社のことは「○○生命」と呼ぶことにします。



プースケママは18歳から両親と同じ○○生命に加入していました。実家の保険担当者がMさんでした。偶然プースケパパとパパの家族も同じ○○生命に加入していたので、結婚してプースケが生まれたのを機に、それまでお互いの両親が支払ってくれていたプースケママとプースケパパの保険料を、自分たちの世帯に分けて、自分たちの分はプースケパパが契約者となって支払うことにしました。私は旧姓のまま名字変更していなかったので、色々と変更手続きも必要でした。



私の母の勧めで私の保険担当者は、引き続きMさんになりました。(←事後報告。母が勝手に担当をお願いしていたっぽい。)私はその時Mさんとは面識はなかったと思いますが、母が「うちはもう何年も保険のことはMさんに任せてあるから」と言っていたので、じゃぁ大丈夫かな~としか思いませんでした。



1年半ほど前、Mさんから連絡があって「名字の変更や保険の契約者などの変更手続きが必要なので一度伺いたいのですが…」と言われ、我が家に来てもらい色々手続きをすることになりました。



Mさんが来る日、13時に来ることになっていたのですが、その直前にプースケがお腹が空いて泣き出してしまい、私は大急ぎで寝室でプースケにおっぱいをあげていました。とりあえずMさんが来るまで飲ませようとしていたら、チャイムが鳴ってMさんがやってきました。



パパが玄関に出てくれたのですが、Mさんは初対面のプースケパパに対して名前を名乗りもしませんでした。(Mさんの名前は母から聞いていたので一応知っていましたが。)Mさんが「背高いですね~」などと言ってるのが聞こえました。



私はプースケからおっぱいを引き離して慌てて服を着て、とりあえずプースケは布団に寝かせたままMさんに挨拶するため寝室のドアを開けました。すると、Mさんは寝室の中にためらいもなく入ってきました。普通ベッドとか布団が敷いてある部屋だと入るのためらいますよね…?Mさんは寝室に入ってきて、プースケを間近で見て「うわー顔がしっかりしてるー」などと言っていました。



リビングに入ってお茶を入れると、「プースケママちゃん久しぶりねぇ、前に会ったのは高校生の時だったよね?」と言われましたが、私の記憶ではMさんにはその時が初対面だったと思います。私はそう簡単に会った人の顔を忘れたりしません。しかもMさんみたいなキャラの濃い人のことはまず忘れないと思います。とりあえず「そうでしたっけ~?」と笑って適当に合わせましたたぶんMさんは私を誰かと間違えていたんだと思います。



Mさんは見た目アラフィフくらいの人で、よく喋る、おしゃれした女性といった印象でした。私の母と年が近いようで、○○生命の契約見直しの度に私の実家に行っていたようで、母とは交流があるようでした。早く本題の保険の話をすればいいのに、Mさんは私の母との思い出話をペラペラ喋っていました。本当よく喋る人でした



一通り喋ってお茶をゴクリと飲んだMさんは、ようやく私とプースケパパの分の現在の保険の契約内容の資料や、その他手続きが必要な書類をカバンから出し始めました。



Mさんは、私の保険内容がずっと契約時のままでもう古く、現在はそのプランはなくなって新しいプランになっているのでこの機会に内容を変更してはどうかと言いました。プースケママはその時どんな契約内容なのか全く知らず、Mさんの持ってきた資料を見せてもらいました。



Mさんは私とプースケパパに見やすいように資料を私たち側に向けて、指で示しながら説明してくれようとしていたのですが、何とも分かりにくい説明でした…。資料は表のようになっていて、現在の契約とMさんが提案するプランが並べて比較できるように作られていました。



(私たち側から見て)上から順番に説明しようとするMさんですが、どうも老眼のようで、漢字や小さい文字が読めず、何度も「えーっと、、、ん?」と言いながら自分の方に資料を引きよせて目を細めて見ていました。その度に私たちは資料から目を離さなければならず、内容をじっくり見ることが出来ません。



Mさんは眼鏡(たぶん老眼鏡)を持ってきていたのに、読めない文字があるたびに眼鏡を掛けてはすぐにはずし、を繰り返していました。目が悪いなら資料説明する間くらい眼鏡ずっと掛けとけばいいのに…。2、3文字読むごとに目を細めてじーっと文字を確認しようとする言葉に詰まりまくりのMさんの説明は、内容が全く頭に入ってきません



どうも眼鏡に頼らずに肉眼で読み進めたがるMさん…しまいには読めない漢字や小さい文字をすっ飛ばして、大きな文字やひらがなや数字だけを読むという始末「…や…のケガの場合は…5万円です。」←本当にこんな感じでしたなんなんだこの人?…とプースケパパとアイコンタクトを取った私たちのやり取りすらMさんは気付いていませんでした。



結局、ただMさんが読める字だけを飛ばし飛ばし読んだだけで説明っていう説明もなく、それなら自分たちで資料を見ただけの方が理解できたと思います。



しかも資料を指さしていたMさんの爪の異様な長さドン引きとーっても不潔でした



ところどころ質問してみたのですが、Mさんの答えは「は?」という回答ばかり。

例えば、「ここに書いてあるがんの上皮内新生物っていうのはどういう種類のがんのことを言っているんですか?」と聞くと、



「えー…そうですね、んーあんまりそういう所は聞かれたことがないから、あははは(←笑って誤魔化そうとする)そうですねぇー、ちょっと看護師さんとお医者さんの前だから緊張しちゃって、あはははは。そうですねぇ、たしか、なんかどっかに胃がんとかそういうのって書いてあったと思いますよ、あはは」



という回答です。。。どっかに書いてあった?胃がんとかそういうの?どういうこと?

他にも色々質問したんですが、「なんかー誰かがこういう風に言ってましたよ」とか「私が担当したお客さんはこうでしたよ」とか、はっきりしないフワッとした回答ばかりでイライラしました。



この人本当に○○生命の社員なの?名刺ももらってないし…偽物なんじゃないのか?と疑いたくなるほど酷かったです。



全く内容が頭に入ってこないままMさんの説明(?)は終了し、「このプランでいかがですか?」と聞かれましたが、当然その場で決められず、「もう少し考えます。。。」と契約の変更は保留にしました。私たちからの質問が終わって、Mさんはどこかホッとした感じに見えました。この人は自分の会社の商品なのに全く理解できずに、いつもその場しのぎで今までやってきたんだろうか、と不信感ばかりが募りました。



あとは契約者の変更や、私の名字変更で終了のはずなのに、またMさんは聞きたくもない話をペラペラと楽しそうに話していました。もう早く帰ってくれと思いました。



そしてやっと残りの手続きの段階になっても、Mさんは老眼のせいで資料の字が読めず私たちをイライラさせ(眼鏡あるんだから掛けろっ!!!)、プースケパパが印鑑を押すかどうか尋ねてもMさんは「えーっと、えーっと」を繰り返して時間がかかりました。結局いくつかMさんも把握できていない箇所があって、「社に戻って確認してみます」と言われ、後日郵送することになりました。そういうのって事前に確認しておくものじゃないの??



こっちはその時Mさんに言われて書くべきところは書いたし、早く帰ってくださいオーラを出していたのですが、Mさんは「プースケくんはどこか保険に加入したんですか?ぜひうちにどうですか?なんちゃって、あははは」と言ってきました。そして知り合いの子が保険に入っていてこんなに助かったとかいう話をし始めました。

(※この時まだプースケはウエスト症候群と診断されていませんでした。)



もう作り笑顔さえ作れなかった私たちは「いえ結構です」と言ってお断りしました。



最後の最後にMさんはカバンの中から分厚い冊子を取り出して、「これ見ます?よかったら差し上げましょうか?」と言うので一応頂きました。保険のことについて細かく書かれてあって、冊子には「重要」と書かれていました。

Mさんが帰った後その冊子を見てみると、私たちが質問したことが全て書かれてありました…。



その日の話の途中でMさんが「この中から1つだけ商品をプレゼント出来るのでどれがいい?」とバスタオルやハンドモップなどの商品が9つ乗った用紙を見せてくれました。あまりパッとしなかったけど、「じゃぁハンドモップでお願いします。ありがとうございます。」と言いました。「後日郵送しますね~」と言われましたが、それは未だに届いていませんもういりませんけどね



Mさんが帰ったあとイライラが治まらず、Mさんなんかを我が家の担当にした母に怒りの電話をしましたが、母は「えー?そうかなー?そんなにひどかったー?Mさん普通だと思うけどー。」と言っていました。ありえない。





○○生命の担当者の変更の仕方をネットで調べると、同じようなことで困っている方たちの質問がいくつも見つかりました。しかし、結局担当は変えてもらえないという回答でした。。。しかも、解約手続きもなかなかさせてくれない保険会社のようです。はぁ。



保険の見直しはしたいけどどうしてもMさんとは接触したくありません。プースケパパの実家の保険担当者がうちの担当になってもらえないだろうかと考えた時期もありましたが、その方は昨年○○生命を辞めて自分で別の会社を立ち上げることになったんだとか…。Mさんも○○生命辞めてくれないかな…なんて思っちゃいました。



○○生命自体が悪いとは思いませんし、きっといい社員さんもいらっしゃると思います。私はあくまでMさんがあまりいい担当者ではないと思っているだけです。





長々と読んでくださりありがとうございました。





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村

続きを読む
思いつくままに書いたとりとめのない内容です。。



プースケママは大学生の時から月々の家計簿をつけています。元々こういうのは長続きしない性格なんですが、家計簿だけはなぜか書かずにはいられません。決して「家計簿を付けて節約出来てるのが楽しい♪」という思いではなく、「やめたくてもやめられない、どうしても家計簿に書かずにはレシートが捨てられない」という、少々強迫観念に近い考えから逃れられないだけです(笑)



大学で一人暮らしを始めた時に、毎月の仕送りからやりくりが出来るか不安で不安で、100均で買った金銭出納帳に支出を書くようにしました。その時は節約意識はあまりありませんでしたが、気を抜くとすぐにお菓子類をバカみたいに買いあさってしまうので、仕送り額をオーバーしないように気を付けられるよう、出費を記して月々の合計支出を計算していました。



社会人になって、「別に家計簿なんてつけても節約になってないし、もうこんなの面倒だからやめよう」と思って家計簿をやめたことがあります。すると、その月にアパートの駐車場代をうっかり振込み忘れていて、不動産から「振り込まれてなかったわよ」と言われて急いで支払ったという過去があります



その時に、「家計簿をやめたからだ…私は家計簿をつけないとお金のやりくりが出来ないんだ…」という家計簿の呪縛にかかり(笑)、現在まで家計簿をつけ続けています。(家計簿を付けている間は払い忘れはありません。)細かくではなく、大雑把に日々の食費・日用品・嗜好品等を項目別に書いているだけです。





前置きが長くなりました

現在はとにかく節約したい、月々の貯金額を増やしたい病にかかっています(笑)家計簿とにらめっこして、どこをどう削れるか考え中です。だって私が働ける予定は無いし、今年はプースケママの車を買い替えるし、いつかはマイホームを建てたいし、自分たちの老後も心配少しでも蓄えなくちゃ



今やっていることといえば、日中はエアコンをなるべく使わない、買い物はスーパーの特売日を狙う、洗濯はお風呂の残り湯を使う、、、くらいしか思いつきません



プースケママは自分たちの生命保険を見直したいのですが、プースケパパは保険料は高いけど今のままで仕方ないという考えのようです。私が保険を見直したい理由には保険料を抑えられるなら抑えたいのもあるのですが、保険内容自体をそろそろ変更すべきなのではという考えもあります。保険のことは全く分からないんですけどね。



今の私の保険内容は加入した時に両親が契約したプランのままで、まだ若いからと病気より怪我の保障を重視した内容です。でも私だって病気になる可能性はあるし、もうだいぶ前に契約した内容だから、見直して変更をしたいな~と思っています。



プースケが生後3か月くらいの時だったかと思いますが、一度我が家に保険の担当者が来たことがありました。プースケパパも同じ保険に加入していて、お互いの保険料の支払者の変更の手続きのためにわざわざ遠方から来てくださいました。(以下、その保険担当者の女を「M」さんとします。)



このMさん、保険のことに関しては全く無知なプースケママでも「この人大丈夫なの???」と思うほどの方でして…。私たちは分からないことだらけで色々説明してもらいたかったのに、持参した契約内容をただ読み上げるだけで、こちらの質問に対しても答えてもらえなくて、なんだか不信感だけが残る対面でした。Mさんのことは、今思い返しても不快になります



※次回の記事でこの「Mさん」についてのこと(愚痴)を書きたいと思います。



保険内容を見直したいけど、もうMさんには会いたくないので担当者を変えてもらいたい気持ちです。しかしそんなことしてもらえるのか…私には「担当を変えろ!」なんて言う勇気もなく、「保険を見直したい」気持ち止まりで行動に移せずにいます。



でも今のままのプランでは不安だし、保険料こんなに払って掛け捨てって。。。もったいないなぁ。



保険以外の他の部分も、どこをどう節約したらいいのか悩んでいます。贅沢な暮らしなんて全くしてないんですがね(←元々がケチな性分です!!)。。。今の生活に1つ無駄があるとしたら、私が食べるお菓子代かな(笑)



プースケママもプースケパパも普段飲酒も煙草もしません。極たまーに少量お酒を飲むこともありますが、年に数回です。外食も滅多にしないし、パパのお昼ご飯は私の手作り弁当&水筒持参だし、遊びや旅行も行きません。

去年からプースケパパは美容室代まで浮かそうとして、自分で自分の髪をバリカンで散髪するようになりました(笑)私はもちろん美容院に行ってますけどね



う~ん、やっぱり他に削れる所が見当たりません私の生活費のやりくりがただ下手なだけ?毎日豆腐ともやしで生活すればいいのか???



心配症の私は、自分たちの老後が心配で心配でたまりません(笑)このままじゃマイホームも買えないかもあー働けるもんなら働きたい





↓お手数ですがこちらをポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 病気ブログ てんかんへ
にほんブログ村
続きを読む
// ホーム // 次のページ >>